キャッシングの申込方法の種類と融資方法

現在ではキャッシングの申込方法も多様化されてきました。大手消費者金融ではどこでもネットから申込を行えるようになっています。この申込方法によって、融資を受けられる方法に違いがあります。

店頭の窓口から申込を行った場合

最近では少なくなった申込方法ですが、一番スタンダードだと言えます。契約時に必要な身分証明書などの書類を持参し、申込用紙に必要事項を記入します。その場で審査が行われ、問題が無かった場合はすぐに現金の借り入れが行えます。またキャッシング用のカードが発行されるので、その後はそのカードを使ってATMから現金を引き出すことが可能になります。

この方法は、まず消費者金融の店頭まで営業時間内に赴く必要があります。また営業時間内に審査が終わらなかった場合は後日申込用紙に記入した連絡先まで審査結果が知らされます。合格していた場合は再度店頭まで赴いて、現金の借り入れやキャッシング用のカードの受け取りを行ってください。

またこの連絡があった時間によっては銀行振込での融資が受けられることがありますので、それを希望する場合は連絡時にその旨を伝えてください。

自動契約機から申込を行った場合

この場合も店頭での申込と同様に、必要書類を用意して備え付けの申込用紙に必要事項を記入し、機械に読み込ませることで申込を行います。直接人間が相手ではないだけで、申込自体はほとんど自体は一緒です。

審査の間は自動契約機の前で待っていることになります。審査の途中で質問などがあった場合、インターホンが鳴るのでそれに答えてください。その為、必ずその場で待っている必要があります。審査に合格した場合、その場でキャッシング用のカードが発行されます。それを利用して併設されているATMや、コンビニなどの提携先のATMから現金を引き出すことができます。

もし自動契約機の営業時間中に審査が終わらなかった場合、店頭からの申込の場合と同様に、後日その結果が知らせされます。合格していた場合は再び自動契約機を利用してカードの発行を受けてください。
この場合も連絡のあった時間によっては銀行振込での融資も受けられます。店頭からの場合と同様に、連絡時にそれを伝えてください。

自動契約機は平日や休日を問わず、毎日21時まで営業している消費者金融がほとんどです。即日現金での融資が希望の場合、審査の時間を考えてその1時間前までには申込を行う必要があります。

ネットからの申込を行った場合

最近ではこの方法も当たり前になりつつあります。大手消費者金融のうち、モビットではこの方法でしか申込ができません。各消費者金融のサイトに申込用のフォームがあるのでそこに必要事項を入力し、必要な書類は写真に撮ったものを同時に送信します。後から郵送やFAXで送付する必要はありません。

審査の結果は入力したメードアドレスまで知らされます。合格していた場合、入力した口座まで銀行振込での融資を受けられます。その銀行の営業時間で無かった場合は口座に反映されるのは原則的に翌営業日になりますが、モビットの場合は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っていることが申込条件ですが、この2つの銀行への振り込みは営業時間を問わず、即時行われるのが特徴です。

現金が必要な場合は審査に合格したという連絡を受けた後、同社の自動契約機でキャッシング用のカードの発行が受けられますので、それを利用して引き出すことができます。詳しくはモビットの公式HPでご確認ください。

自分に合った申込方法を選択しましょう

このように申込方法が多様化されたことで、自分に合った方法を選択できるようになりました。少しでも早く現金が必要な場合は店頭や無人契約機に営業時間に余裕をもって行くことでそれが可能になります。無人契約機についてもっと詳しく知るには、無人契約機でキャッシング|ローン契約機の流れから審査についてをご確認ください。

また店頭や自動契約機まで行く時間がない人や、口座への振込での融資を希望する場合はネットからの申込が便利です。大手消費者金融ではスマホからの申込には専用アプリが用意されています。それを利用すると、写真による必要書類の提出が簡単に行えます。

自分の都合に一番合った申込方法を選択して、便利にキャッシングを利用しましょう。