キャッシング初心者のための正しい知識

日本では銀行や消費者金融機関からお金を借りること、キャッシングについてはあまりいい理解はありません。それは身近な噂話やニュースなどから「ヤミ金」・「自己破産」などと言ったお金に関する諸問題が頻繁に耳に入ってくることも要因の一つといえるでしょう。ですが、キャッシング自体が決して悪なのではないことを理解しておかなければなりません。キャッシングに対する正しい知識と計画的な利用の仕方を身につければ、自分の人生をより豊かなモノにできるシステムだともいえるのです。ここでは、キャッシングを初めて利用しようとする人が知っておくべき最低限の知識を少しご紹介したいと思います。

「審査」ってなに?

「キャッシングには審査があります。」この言葉を皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。主に消費者金融機関がテレビコマーシャルやその他広告の中で使用している言葉です。しかし、審査と言われても具体的に何を審査されるのでしょうか。ずばり、審査とは、「その人がお金を貸すのに信用に足る人物かどうか」を見られるものです。審査の基準として重視されるのが主に次の点です。職業・雇用形態・年収・年齢・家族構成・過去のキャッシング歴といった内容です。銀行・消費者金融機関はこうした個人の情報から貸し出しをするかしないか、社会的に信用できる人物かどうかを判断するのです。では次に、これら基準について詳しく見ていきましょう。

審査の基準について

まず、職業ですが一般に公務員は信用度が他の職業に比べて格段に高いそうです。「公務員にだって信用できないような悪いやつもいるじゃないか!」と憤る人もいるかもしれませんが、そうした個人の感情はキャッシング審査においては関係ありません。あくまで”社会的”に信用できるかできないかで判断されるからです。つまり公務や経営の安定した企業で正規職員として勤める人は、フリーターや主婦などに比べて審査が通りやすいと共に、貸してくれるお金の限度額や金利なども優遇される可能性があるのです。ただし、例外もあります。たとえ職業や年収が安定していても、審査基準の一つである「過去のキャッシング歴」に大きな傷があることが解かれば、審査に通らないケースもあります。

審査とブラックリスト

過去に返済が大幅に滞ったり、その他金融機関を通してお金に関してトラブルがあったという事実は、”ブラックリスト”に情報が載せられます。ですが、実はブラックリストという言葉は俗語で、正式な名称は「信用情報機関」と呼ばれています。この信用情報機関には、個人の過去のキャッシング情報が載せられていて、各金融機関が共有して見ることができるようになっています。先ほど言ったように、どれだけ良い職に就いていて経済的にも社会的にも円満な家庭を持っていたとしても、信用情報機関に傷跡は残っているので、審査に大きなマイナス影響を及ぼしかねないのです。

キャッシングを正しく利用するために

以上、キャッシング初心者が正しく利用する最低限の情報として、審査について書いてきました。ですが他にも「どの金融機関を選べばいいのか?」「返済計画はどう立てればいいの?」など、様々な疑問があると思います。無計画にキャッシングを利用することは一時的に懐が温まるだけで、決して自分の幸せに結びつきません。必ずインターネットや書籍などからしっかりと知識を得て、自分の収入や将来を考えて返済計画が立てられるようになってから利用するようにしましょう。

在籍確認の電話なしで契約できる消費者金融

キャッシングの申込を行った際の審査で必ず行われるのが、在籍確認です。これは申込書に記入されている会社に勤務していることを確認する審査の中でも大詰めの作業ですが、基本的にその会社へ電話を掛けて行われます。

在籍確認の電話が困る人もいると思います

この在籍確認の電話は個人名で掛かってくるので、この電話によってキャッシングを契約しようとしていることが周りに分かってしまうことはまずありません。また事前に相談することで、掛かってくる時間や日にちを指定することができる場合もあります。

その為、この電話が元で周りにキャッシングの契約をしようとしていることが分かってしまうことはまずありません。ですが、職場によっては勤務時間中にそのような私用(を装った)の電話が掛かってきては困るという人もいると思います。そのような人はこの在籍確認を電話ではなく、書類の提出で代用できるキャッシング業者を選択しましょう。

契約時に書類の提出で在籍を証明できます

大手消費者金融のプロミスとモビットでは、この在籍確認を契約時に書類の提出で代用することができます。
プロミスの場合はまず契約前に、在籍確認を電話ではなく書類で行いたい旨を伝えてください。これを行わずに書類を提出した場合、電話で行ってしまう可能性があるので注意してください。これは申込方法を問わず、必ず先に伝える必要があります。

モビットはネットからの申込専門の消費者金融です。ネット上の申込フォームに必要事項を入力して申込を行いますが、その際に在籍の証明になる書類の提出画面があります。ここから必要書類の写真を撮って送信することで、自動的にその書類にて在籍確認が行われます。またモビットの場合、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていることが契約を行える条件になっていますので、ご注意ください。

在籍の証明になる書類とは?

この在籍の証明ができる書類とは、勤務している会社から支給された社会保険証と、給与明細票です。この2点の提出をもって、その会社への在籍の証明になります。会社員として勤務している人であればどちらも所持していると思いますので、特に用意する手間はありません。給与明細票は出来れば直近の月のものを用意してください。(必ず直近のものでないといけない訳ではありません)

書類での在籍確認は電話よりメリットがあります

この電話が掛かってこない在籍の証明のメリットは、職場の周りの人にキャッシングの利用が分かってしまう心配が無いというだけではありません。審査中の在籍確認の電話がタイミング悪く繋がらなかった場合、それが原因でキャッシングを行えるのが後日になってしまうことがありますが、それを防ぐことができます。また、元々電話の繋がらない会社の営業時間外でも契約が行えるという点もあります。現在ではこの方法が使えるキャッシング業者はまだ少ないですが、この方法によるデメリットは何もありませんので、必要書類が用意できる人は是非活用してください。

カードローンには審査の難易度がある

簡単に発行することが出来るところもあれば、そうではないところもあります。キャッシングには、審査を受けるときの難易度が存在しており、難しいところを利用することは、落とされる可能性が高くなってしまう要因にもなります。そうしたことを把握しておかないと、申し込みで失敗することも出てしまうのです。

簡単なところと難しいところがある

キャッシングの種類によっても変わってきますが、基本的に簡単なところもあれば、相当難しいとされているところもあります。簡単なところについては、すぐに発行してくれる可能性があるものの、逆に言えば金利などの部分で優遇されておらず、結構高い請求をされてしまうこともあります。難しいところは、金利面などの安心感は持っていますが、その分厳しく判断しており、駄目な場合はすぐにでも落とされてしまいます。
簡単なところとされているのは、あまり金利が低く設定されていなかったり、あまりにも金利の幅が広がっているなどの部分があります。こうしたところで判断すると、簡単に判断を付けることができます。

最初は楽なところを選ぼう

審査に落とされることは、信用情報という部分にも記載されることになり、落とされている情報は銀行側も確認可能となっています。何度も落とされていることは、信用できないと判断されてしまう可能性があるので、あまりいいことではないと思ってください。その場合は、落とされる事を避けるためにも、まずは楽なところを選んでおくといいです。審査がそこまで厳しくないところを選んでおけば、落とされる可能性が減少することによって、ある程度安心して申し込みが出来ます。
そのうち、利用していることの情報についても記載されますから、これが厳しいところの判断を緩和してくれるメリットを持っています。

難しいところへ一発勝負をするなら

簡単に利用できるところでは、金利面の優遇がされないと判断して、いきなり難易度の高いところを利用する人もいます。その場合は、とにかく収入面を安定させることと、過去に金融関連で問題を起こさないようにしてください。収入さえ持っていれば、利用可能にしているところは結構あるので、一定以上の収入を確保しておけば安心できます。

審査の基準なども含めて検討を

しっかり基準を考えていかなければならないことと、少しでも負担を軽減すること、そして成功するための情報を得るためにも、やはり審査が簡単か難しいかを判断することはとても大事なこととなっています。最初は簡単なところを使ってもいいですが、難しいところを利用するなら、収入も必要です。