在籍確認の電話なしで契約できる消費者金融

キャッシングの申込を行った際の審査で必ず行われるのが、在籍確認です。これは申込書に記入されている会社に勤務していることを確認する審査の中でも大詰めの作業ですが、基本的にその会社へ電話を掛けて行われます。

在籍確認の電話が困る人もいると思います

この在籍確認の電話は個人名で掛かってくるので、この電話によってキャッシングを契約しようとしていることが周りに分かってしまうことはまずありません。また事前に相談することで、掛かってくる時間や日にちを指定することができる場合もあります。

その為、この電話が元で周りにキャッシングの契約をしようとしていることが分かってしまうことはまずありません。ですが、職場によっては勤務時間中にそのような私用(を装った)の電話が掛かってきては困るという人もいると思います。そのような人はこの在籍確認を電話ではなく、書類の提出で代用できるキャッシング業者を選択しましょう。

契約時に書類の提出で在籍を証明できます

大手消費者金融のプロミスとモビットでは、この在籍確認を契約時に書類の提出で代用することができます。
プロミスの場合はまず契約前に、在籍確認を電話ではなく書類で行いたい旨を伝えてください。これを行わずに書類を提出した場合、電話で行ってしまう可能性があるので注意してください。これは申込方法を問わず、必ず先に伝える必要があります。

モビットはネットからの申込専門の消費者金融です。ネット上の申込フォームに必要事項を入力して申込を行いますが、その際に在籍の証明になる書類の提出画面があります。ここから必要書類の写真を撮って送信することで、自動的にその書類にて在籍確認が行われます。またモビットの場合、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていることが契約を行える条件になっていますので、ご注意ください。

在籍の証明になる書類とは?

この在籍の証明ができる書類とは、勤務している会社から支給された社会保険証と、給与明細票です。この2点の提出をもって、その会社への在籍の証明になります。会社員として勤務している人であればどちらも所持していると思いますので、特に用意する手間はありません。給与明細票は出来れば直近の月のものを用意してください。(必ず直近のものでないといけない訳ではありません)

書類での在籍確認は電話よりメリットがあります

この電話が掛かってこない在籍の証明のメリットは、職場の周りの人にキャッシングの利用が分かってしまう心配が無いというだけではありません。審査中の在籍確認の電話がタイミング悪く繋がらなかった場合、それが原因でキャッシングを行えるのが後日になってしまうことがありますが、それを防ぐことができます。また、元々電話の繋がらない会社の営業時間外でも契約が行えるという点もあります。現在ではこの方法が使えるキャッシング業者はまだ少ないですが、この方法によるデメリットは何もありませんので、必要書類が用意できる人は是非活用してください。